上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近、携帯がスマホに変わりました。と言ってもねねパパは2代目。
1代目はアローズZ、購入して3日目で革ケース作成中に床に落下し、
見事に画面のガラスにヒビが入り、新品と交換(有料)などスマホへの出だしは悲惨なものでした。
しかし機能や見易さを考えるとスマホは良いアイテムになります。
 今回、ねねママにスマホを薦め、先週の土曜日にお店に選びに行きました。
その中でギャラクシーSⅢの操作性の良さがアローズより高かったので一緒に変えました。

 本題に入ります。ギャラクシーⅢのケースは3ミリ厚の革を使い金具無し(こだわり)で作成しました。
この革ケースは試作を経て2個目です。
ここからは、ちょっと専門的な話になります。
革製品は着色されていない物を使うと、おろし立ての靴みたいで恥ずかしい感じが未だにします。
但し、使い込むにつれてアメ色に(3枚目の試作写真の感じ)なることが、色物と違う「アジ」がでるのです。
しかし、このアジがでるまでに2、3年掛かってしまうのです。
ねねパパは30分もあればアメ色に替えちゃうけどね。
試作品も完成品も同じ革で作っています。


1_20120929224703.jpg
スポンサーサイト

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。